「マスコミに言うぞ」はクレームの入れ方の最悪手

マンション デベロッパー のアフターサービスセンターにいた私は、さまざまな種類のクレームを経験しました。その中の何件かで「お前のところが欠陥マンションを作っているとマスコミに言うぞ」と、脅しともとれることを言う方がいました。これって交渉の仕方としては悪手なんです。そして言うだけならまだしも、実際にマスコミに言うと、とんでもないことになってしまいます。マンションに住めなくなってしまうかもしれないので、安易にマスコミに報道してもらうのは危険なのです。

大抵の場合は残念な返事しかない

私は3回ほど「マスコミに言うぞ」と言われましたが、全て返事は「どうぞ」でした。そもそも個人が起こす行動を、私には止める権利がないので「マスコミに言う」と言われても、止めようがないからです。もちろん中には慌てて「それだけは止めてください」と泣きつくクレーム担当者もいるかもしれませんが、だからと言って交渉が有利に進むとは限りません。その担当者個人の裁量で物事が決定することはほとんどなく、大手であればあるほど会社が方針を決定するからです。

会社で判断する場合、目の前で怒鳴られているわけでもないですから、合理的な判断が下されます。話が平行線になっているのですから、司法の判断に委ねようという結論になることも多いのです。マスコミに言うぞと脅されて多額の出費を負担すれば、株主総会で問題視されることも考えられます。そのため脅しても目の前にいる担当者が萎縮するくらいで、あまり成果は望めないのです。

実際にマスコミに言った例

私が担当した物件ではありませんが、マスコミに報じられたことがあります。その物件には明らかな施工不良があり、 ゼネコン も非を認めて改修案に加えて迷惑料も支払うことを提案していました。しかし管理組合側は迷惑料が安すぎるとして、こちらの提案の10倍以上の金額を要求していました。弁護士に相談すると「法外な金額」ということでしたので、話し合いを続けていました。

痺れを切らした理事の1人が、知り合いにマスコミ関係者がいるので、そちらに話して報道してもらうと言い出しました。クレーム担当者は「組合員の皆様が行うことに対して、私は止めてくれとかどうこうしろと言う立場ではありません」と返事をして、理事会は大荒れになったようです。

週刊誌に報じられる

それからしばらくして週刊誌に報じられました。私達の社名も出て「欠陥マンション」と大きく書かれていました。私もその週刊誌を買って記事を読んだのですが、写真が気になりました。具体的なマンション名は書かれておらず、写真も物件を特定しないように撮られていました。しかし近所に住む人なら、周囲の景色からどのマンションかすぐに分かると思ったのです。そしてこの後、このマンションでは大問題に発展します。

住民の怒り

このマンションは、転勤に伴って売却しようとしている人がいました。しかし仲介販売をしている不動産屋はすぐに週刊誌の記事で、すぐにどの物件か分かり「欠陥マンションと報じられた以上は、大幅に値引きをしても売却は難しい」と言ってきたのです。

マスコミに報道してもらうことは理事会で決定したことで、他の住人にとって週刊誌報道は寝耳に水でした。自分が住むマンションの資産価値を下げるような行為を理事会が勝手に行ったと怒る住民は多く、理事長の元には苦情が殺到します。特にマンションを売却できなかった住民の怒りは大きく、理事会のメンバーに損害賠償を請求する訴訟を起こすと言ってきました。

理事会は少しでも多くの迷惑料をもらえるように動いていましたが、そのため補修工事が始まらないことに苛立っていた住民もいたので、そういう人たちからも怒りが噴出しました。理事会は交渉を有利に進めようとマスコミに流したために、多くの住民を敵にまわすことになってしまったのです。理事の方々とその家族はマンションの中で針のむしろのようになってしまい、引っ越した方もいたと聞いています。

マスコミに流す前に

報道によって姿勢が変わるデベロッパーがいるのも事実で、だからこそ「マスコミに言うぞ」と言い出す人がいます。しかし報道してもらう前に、臨時総会を開いて全住民の意思を確認する必要があります。そして何より大事なのは、欠陥マンションと報じられることで、資産価値が低下する可能性があることを伝えておくことが重要です。

デメリットを説明しておかなければ、こんなはずじゃなかったという声が後から出てくることになり、多くの方がローンを抱えたまま資産性が低いマンションに住み続けることになるからです。上記の例のように、後から揉めてマンションを出ていかなければならなくなる可能性も出てきます。

第三者の視点を入れることが重要

このように「マスコミに言うぞ」はクレームの入れ方の最悪手なのです。双方の言い分が食い違い、話し合いが全く進まない例は多くあります。自分達が絶対に正しいと思っていても、第三者の意見を聞くと意外なことが見えてくるケースがあります。特にトラブルが進行している時は感情的になりがちなので、冷静な意見が必要です。なかなか話し合いが進まずに困っているなら、ぜひご一報ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です