マンションの漏水事故 /その時どうする?

ふとマンションの天井をみると、天井のクロスにシミができています。シミはどんどん大きくなり、水が垂れてきました。上の階からの漏水で、マンションに住んでいるかぎり、誰にでも起こりうる事態です。さあ、どうすればよいでしょうか。今回は漏水事故が起こった場合の対応方法をまとめてみたいと思います。

管理会社に連絡

上階から水が垂れてくるのを発見したら、すぐに管理会社に連絡しましょう。連絡先が分からなければ、管理人室に向かいます。管理人さんがいたら、管理人さんから管理会社に連絡してもらっても構いません。また管理人室の窓には、トラブルの際の連絡先が貼ってあることもありますので、それを見て連絡しましょう。漏水事故は早期に対応した方が、被害が少なくて済むのでなるべく早く連絡します。

深夜や早朝でも緊急の連絡先があるので、時間帯は問いません。とにかく早めに連絡することが重要です。

連絡する時に何を伝えればよいか

連絡する時には、次のことを落ち着いて伝えましょう。これらのことを正確に伝えることで、その後の処理がスムーズになります。

1.マンション名と部屋番号
2.自分の名前と電話番号
3.どの部屋で漏水が起こっているか
4.漏水に気がついた時刻
5.シミが見えるだけなのか、ポタポタ水が垂れてきているのか

これらのことを伝えて下さい。焦って電話しても必要な情報が足りないと、業者も動きにくいものです。「早く来て」とだけ言って電話を切ってしまう人もいましたが、マンション名が分からなければ行くこともできません。落ち着いて、これらの事を確実に伝えるようにしましょう。

水が垂れてくる場所はどこか?

大抵の場合、マンションは縦列が同じ間取りです。201号室と301号室は同じ間取りの場合が多いのです。そこで水が垂れているのが洗面所なのか、キッチンなのか、リビングなのかで、上階の部屋のどこで漏れているか検討がつきます。

多くの場合、洗面所で漏水事故が起こったら、上階の洗面所で水漏れが起こっているのです。ただし上階と間取りが違う場合もあるので、自分の部屋の洗面所の天井から漏れているからといって、上の階の洗面所で漏水が起こっていると決めつけるのは危険です。しかしどの部屋から漏れているかを予め伝えておくことで、ある程度の予想ができるので対応がしやすくなります。

垂れてくる水には触れない

マンション内には水道の蛇口につながっている給水管と、汚水を流す排水管が通っています。どちらの水が垂れてきているのかわからないので、水にはなるべく触れないようにしましょう。特に小さなお子さんがいる家庭は注意してください。そしてポタポタ垂れている場合は、バケツを置くなどして周囲に水が跳ねないようにしましょう。

実は給水管から漏れているか排水管から漏れているかは、臭いや色で判ることがあります。透明で無臭なら給水管の水で、濁っていて臭ければ排水管の水です。しかしコンクリートを通して垂れてきた水は色がほとんど透明に見える場合もありますし、臭いもわかりにくくなっていることがあります。排水管の水には雑菌が大量に潜んでいるので、体内に入ると体調を崩す可能性があります。そのため垂れてきた水には、極力触れないようにした方が良いと言えるでしょう。

上の階の人に知らせに行くか

上の階の人が全く面識のない人なら、行くのは止めておいた方が無難です。突然、水が垂れていると言われた方は、嫌がらせを受けていると思う場合もあります。トラブルにもなりかねませんので、知らせるのは管理会社の人に任せておいた方が良いでしょう。しかし顔見知りで親しい関係ならば、時間帯にもよりますが声をかけるのはありだと思います。しかしこのことが原因で関係がこじれるケースもあるので、よほど仲がよくないかぎり管理会社の方に任せておきましょう。

まとめ

対応はなるべく早く行うべきで、速やかに管理会社に連絡しましょう。対応が早い分だけ被害が少なくて済みます。一方で、管理会社から来る人は漏水に関して全く無知なケースもあります。マンションを管理している会社の人だからといって何にでも詳しいわけではありません。そういう場合も焦らず怒ったりせず、起こっている状況を正確に伝えるようにしてください。

また管理会社の怠慢で対応が遅れ、被害が拡大したケースもあります。管理会社に電話したら、何時に連絡したか記録しておくのをお勧めします。連絡してから来るのが遅いと思っても、焦っている時は時間の感覚がわからなくなっているので、案外早く対応してもらっていたとわかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です