最強のマンションセキュリティを目指せ /防犯カメラを増やす前に考えること

マンションのセキュリティに関する相談が増えています。高齢化に伴いマンション住民も高齢者が増えているためか、セキュリティへの関心が高まっているのかもしれません。そこで今回はマンションセキュリティの話です。最高・最強のマンションセキュリティとはどんなものでしょうか。案外簡単で、しかも低コストでセキュリティは高められます。

最も効果的なのは人の目

世の中には、高いセキュリティが求められる施設は沢山あります。例えば銀行や空港、自衛隊基地などがそうです。これらの施設では入り口に警備員が立っていて、入る人を監視しています。セキュリティで最も効果的なのは人の目なのです。誰かが見ていると、犯罪は起こりにくくなります。そのため警備員を増やして、常に誰かが見ているようにしているのです。高いセキュリティ性が求められる施設には、必ず多くの警備員がいます。

マンションも同様で、セキュリティを高めるには警備員を何人も雇い、24時間監視を行えば良いのです。マンションのどこにいても警備員が見ていることがわかれば、泥棒は寄り付きません。しかし人を雇うのは最もお金が掛かる方法で、さらに警備員などの専門職の人を雇うのは現実的ではありません。マンションで複数の警備員がいるというケースは、よほどの高級マンションでもなかなか見られないと思います。

防犯カメラは人の代替品

最も効果が高い警備員の代わりとして、防犯カメラが用いられます。人ではなく機械なのでコストが大幅に抑えられるうえに、常に見られているという状況を作り出せるからです。そして高いセキュリティ性を維持する必要がある施設では、警備員と防犯カメラを併用することが多くあります。警備員がいなくても防犯カメラに見られていることを、来場者に意識させるようになっているのです。

そのため防犯カメラは、目立つように設置されています。さらに看板やプレートを併用して、防犯カメラが作動中であることを積極的にアピールしています。このような看板を見たことがある人は多いと思います。

このような看板は日本だけでなく、海外でも多く見られます。防犯カメラは「あなたを映しています」と主張することが重要になるのです。防犯カメラは証拠能力がある映像を撮影することが重要視されがちですが、まず考えるべきは来場者が撮影されていると意識することで、それがなければ防犯カメラの抑止力は期待できなくなります。

関連記事
犯行現場を映さない防犯カメラが優秀な理由

このように映されていることを意識させるには、上記のような看板の設置とともにダミーカメラであっても設置することで効果を生みます。本物の防犯カメラとダミーカメラを混ぜて設置することで、セキュリティ性は大きくアップするのです。

防犯カメラより効果的なもの

最も効果的なセキュリティが人の目で、防犯カメラが人の代替品だとすると、マンションセキュリティを高めるには人の目を増やすことが重要だとわかります。マンションで警備員を増やすのは費用が掛かりすぎますが、マンションには多くの住民がいます。住民の目による防犯効果は、防犯カメラより大きいと言えます。

スーパーやコンビニなどの小売店では、店に入るなり「いらっしゃいませ」と声を掛けられます。これは万引きを防止するための防犯対策として広く浸透しています。以下のリンクは特定非営利活動法人 全国万引犯罪防止機構の文書です。

小売店頭における効果的な万引き防止対策

ここで注目したいのは以下の部分です。

お客様への「いらっしゃいませ」は、店舗に活気を与えるだけでなく、不審者に対しては「あなたを意識しています」という合図になりますし、万引き企図者に対して「注意を払われている」、「見られている」という心理状態にさせ、犯罪行為への抑制意識を働かせる効果があります。

周りを気にするなど不審な行動をとるお客様に対しては「何かお探しですか」、「ごようの際はお声かけください」と声をかけましょう。

これはほとんどの小売店で行われている万引き対策です。さらに効果を高めるためには、入店してきた人の顔を見ていらっしゃいませと言った方が不審者は「顔を覚えられた」と意識するので良いそうです。これはマンションでも全く同様で、空き巣狙いでマンション内に入ってきた人に「こんにちは」と声を掛けられると犯罪を行いにくくなるのです。ましてや勝手がわからないマンション内で侵入できそうな部屋を物色している最中に「お困りですか?何号室に行かれますか?」などと声を掛けられると、とてもやりにくいのです。

声を掛けることは犯罪を抑止すること

マンション内で会った人に声を掛ける、挨拶をするのはコストが全くかからないうえに防犯効果を高めることができます。そのためマンションセキュリティを考えるなら、防犯カメラやセンサーの設置を行う前に行うべきことです。住民同士が顔見知りになれば、住民でない人がマンション内にいてもすぐにわかります。これまで私は多くのマンションに出入りしていますが、全く声を掛けられないマンションもあれば、エレベーターを探してウロウロしているとすぐに声を掛けられるマンションもあります。どちらが防犯効果が高いかは明らかで、声を掛けない手はありません。

また以前に書いたように、住民同士が挨拶をすることはマンションの資産価値に影響します。マンションの資産価値とは高く売却できるかどうかです。資産価値が低いマンションは安い価格でしか売れませんし、中にはただでもいらないと言われているマンションがあります。買いたいと思われるマンションであり続けることが資産価値を保つことであり、買いたいと思われるマンションにするために挨拶は有効なのです。この件については以前に書いていますので、そちらをご覧ください。

関連記事
あいさつと笑顔でマンションの資産価値は変わる

まとめ

防犯対策として最も有効なのは、人の目を増やすことです。防犯カメラは人の目の代替品に過ぎないですし、撮られていることが伝わっていないと防犯対策になりません。また防犯カメラ以上に、住民の声かけや挨拶は防犯効果を高めることになります。費用もかからず高い防犯効果を期待できるので、挨拶を心がけることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です