「設計図を見る」と「設計図を読む」は全く違う

以前、マンションで漏水などの調査を行う際には、設計図を見ることが重要だと書きました。安易に「設計図を見る」なんて言ってしまいますが、設計図は「見る」ものではなく「読む」ものなんです。世の中には設計図を見て「ふんふん」と頷いている人が結構いますが、大抵の人は図面を見ているだけです。図面を見るだけの人と読める人では、知り得る情報が10倍くらい違うことがあります。

関連記事
雨漏れ調査の方法

マンションの設計図とは

竣工図という名前で管理事務室に置いてあります。1冊にまとめられていたり、複数に分かれていることもありますが、大抵の場合は4種類です。

① 意匠図(図面番号がAで始まる)
② 構造図(図面番号がSで始まる)
③ 設備図(図面番号がPで始まる)
④ 電気図(図面番号がEで始まる)

意匠図は建物の形状や部屋の間取りなどを示した図面で、右下にA-01などAで始まる番号が振られています。設計図といえば、大抵の方が思い浮かべるのが、この意匠図になります。構造図は基礎や柱、梁、壁、スラブ(床)などの構造体が描かれている図面です。構造計算によって決まった構造体を記しているのが構造図になります。

設備図に書かれているのは、給排水設備と換気設備になります。マンション内の水道の経路や給湯設備からの配管や器具などが、この図面からわかります。また最近のマンションは24時間換気設備が設置されていますが、そういった歓喜に関わる設備もここに書かれています。

電気図は、コンセントやその配線だけでなく、共用部の照明器具や配線、ポンプやエレベーターなどの動力線、テレビの同軸ケーブルや器具など、電気に関わることが書かれています。

マンションでトラブルがあった場合は、これらの図面から欲しい情報を引き出す作業が必要になります。

設計図を見るということ

設計図を見て、設計図に書かれていることを理解するということです。どのような材料を使い、何がどこに配置されているかを知る作業です。ところがこれも人によってレベル差が大きく、丹念に一字一句見ていく人もいれば、さらっと必要そうな部分だけ見ていく人もいます。

きちんと見ていけば、それなりの時間がかかるのですが、5分も見ないで「図面には書かれていない」と断言する人が多いことに、いつも驚かされています。

図面を読むということ

例をあげて説明します。地下1階の壁から漏水を繰り返しているマンションにお邪魔しました。管理会社は地中の水が染み出しているとか、屋根の雨水が入ってきているなどの説明を繰り返し、何度工事をしても漏水が止まらないという相談でした。

まず意匠図を見ました。漏水している壁の裏は空洞で、そこから地下2階のピットに降りられるようになっていました。かなり広い空間ですから、そこに水が溜まって壁から染み出すのは変だと思いました。そこで上の方から壁を水が伝って降りてきて、染み出していると予想しました。

次に意匠図で天井を見ると、かなり広いスペースがあります。そこで設備図を見ると、直径250ミリの排水管が通っていることがわかりました。設備図で配管のルートを追うと、屋上の雨水排水管だとわかりました。屋上の雨水が地下の天井を通っていたのです。これが漏れている可能性が出てきました。しかしそれなら天井から水が垂れてくるはずで、壁と床の間から流れてくるのは変です。

もう一度意匠図に戻って確認すると、地下1階と1階の平面図にズレがありました。誤記かとも思いましたが、構造図を開いて部材のサイズと位置を確認して、自分で断面図を書いてみました。すると1階と地下1階の間に、デッドスペースがあることがわかりました。雨水排水管から水が漏れて、デッドスペースに溜まり、そこが満水になると壁を伝って地下1階に出てきていると予想がつきました。

ちょっとわかりにくいですよね。つまり複数の図面から情報を取り出し、設計図に書かれていない部分も3次元的にイメージすることが図面を読む作業になります。加えてこの時私は、当時の施工方法も考えました。壁を壊して調査すると、予想した場所にデッドスペースがあり、中は水浸しでした。雨水配水管の漏水がデッドスペースに溜まり、それが壁を伝って浸み出していたのです。

どんな人が図面を読めるか

設計図を書いている設計事務所の人が最も読めると思われがちですが、案外そうでもありません。設計図をもとに施工図を書く ゼネコン の人の方が図面を読む力に優れている人が多いように思います。

設計図をもとに、実際に建物を建てなければならないゼネコンは、穴が開くほど設計図を読んでから、職人に渡す施工図を書きます。この過程で、設計図通りに作ったら3次元にならないとか、階段が部屋の中に入ってしまうなんてことがわかることがよくあるのです。現場感得の経験が長く、施工図を書いていた人は、読む力が高い人が多いです。ただこれも人によりけりで、何年もゼネコンにいながら、頓珍漢なことを言う人も多くいるので、単にゼネコンの経歴が長いというだけで信用はできません。

関連記事
この道◯十年を信じてはいけない

図面を読めるようになるには、施工図を書くのが一番です。施工図を書いたことがないけど図面を読めるという人は、ほとんどいません。2次元で書かれた図面から3次元の完成形をイメージするのは、それなりの訓練と期間を要するのです。

全ての図面を読める人はいない

私の場合、ゼネコンで現場監督をしていた経験があるので、意匠図と構造図を読み込んで 躯体 図を書いていました。ですからこの2つは、かなり深くまで読むことができます。しかし設備図と電気図に関しては、専門外なので読み込むことはできません。多くの場合、業者さんなどの設備や電気の専門家の力を借りています。

設計事務所でも意匠設計、構造設計、設備設計などは別々に分かれていて、全てを網羅する人はほとんどいません。専門分野に特化した人達が設計を行い、専門分野に特化した人達がマンションを建設しています。どの図面でも読めるような人は、いないと思って良いでしょう。それぞれの状況にあった専門家に依頼することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です