相次ぐ二酸化炭素消火設備の事故 /なぜCO2を使うのか

2021年4月15日、東京都新宿区下落合のマンション地下駐車場で二酸化炭素消火設備が稼働し、4人が死亡し1人が重体という事故がありました。なぜこのような事故が起きたのか、そしてそもそもなぜこのような危険な装置がマンションについているのかを見ていきたいと思います。

事故の概要

15日、マンションの地下駐車場の天井の張り替え工事を行っていたところ、消火設備が稼働して男性6名が閉じ込められました。なぜ消火設備が稼働したのか、現時点では原因はわかっていません。作業中に消火設備が稼働し、二酸化炭素が放出されたため、作業員が犠牲になってしまいました。

二酸化炭素消火設備が稼働する前には、大きな音でサイレンが鳴って、録音した声で外に出るようにアナウンスされます。なぜ作業員がアナウンスを無視して中に留まったのか、またはサイレンが鳴らなかったのかという疑問が残る事件です。

二酸化炭素消火設備の事故

二酸化炭素消火設備は、過去にも多くの事故を起こしています。死亡者が出た事故も含めて、多くの人が犠牲になっています。主だった事故をまとめたのが以下の表になります。

以前から東京消防庁は二酸化炭素消火設備に警鐘を鳴らしていて、誤操作やイタズラによる事故が多いと報告しています。人的要因による事故が多いのは、認識不足などによるものが多いと言われています。

二酸化炭素消火設備のメリット

二酸化炭素消火設備は、二酸化炭素を大量に放出することで、火が燃えるのに必要な酸素を追い出して火を窒息させ、冷却することで消火する設備です。そして多くのメリットがあります。

①消火が短時間

火の周りの酸素を一気に追い出すので、瞬時に消火が可能です。そのため延焼による被害を最小限にすることができます。

②比重が重い

二酸化炭素は空気の1.5倍以上の比重があるため、機械の隙間などにも侵入していきます。そのため機械火災では、機械の外から水をかけても消せない火を機械内部に二酸化炭素が侵入して消してくれます。

③汚染がない

機械が燃えている際に水をかけると、機械がダメになってしまうことがあります。また粉末の消火器などでは金属や絶縁体を汚染して、消火後に使えなくなってしまうことがあります。しかし二酸化炭素は無色・無臭で汚染しないため、機械を破損することなく消火が可能です。

④毒性がない

ハロゲン化物消火設備などは、ハロゲンそのものに毒性があります。消火設備に使われるハロゲン1301などは、毒性が低いものを使っていますが、二酸化炭素は毒性が全くありません。

⑤後片付けが簡単

水を撒いたり粉末消火器を使うと、その後始末が大変です。しかし二酸化炭素は換気をするだけで後片付けができます。

問題は二酸化炭素中毒症

二酸化炭素に毒性はありませんが、人は二酸化炭素を多く吸い込むと二酸化炭素中毒になります。二酸化炭素濃度が多い場所にいると、強い眠気に襲われます。さらに空気中の二酸化炭素濃度が3~4%になると、頭痛・めまい・吐き気などが起こります。7%を越えると意識を失い、そのまま放置すると呼吸が停止して死にいたります。さらに20%を超えると、中枢神経が抑制され数秒で死ぬと言われています。

二酸化炭素中毒は珍しい事故ではなく、2020年の神戸では製氷会社の配達員が軽自動車に300kgのドライアイスを積み込み、そのまま意識不明になっています。また同じく2020年のロシアで、有名インスタグラマーの女性、エカテリーナ・ディデンコが自身の誕生日パーティを配信し、室内プールに30kgのドライアイスを投げ込んで3名が死亡しています。

この他にもコンサートのステージで使われるスモークはドライアイスを使っていますが、大量にスモークを出しすぎて出演者が体調を壊したという話はちょくちょく聞きます。着ぐるみキャラクターが、スモークを吸いすぎて突然倒れたというのもありました。今回の下落合のマンションでは、消防隊が到着した時点で二酸化炭素濃度が20%を超えており、中にいた人は二酸化炭素が放出された瞬間に死に至った可能性もあります。

どういった場所に使われるのか

上記のように、二酸化炭素を大量に噴出して火の周囲の酸素を追い出すことで瞬時に消火する装置です。そのため密閉された場所で使用することで、最大限の効果を発揮します。屋外に設置してある機械式駐車場などに設置しても、風で二酸化炭素が流されてしまうので、あまり効果がありません。

また機械類が多い施設では、非常に有効な消火設備になります。そのためビルや工場の電気室や機械室、印刷機などが多い工場、駐車場などでよく使われています。最近のマンションではほとんど見ることがなくなりましたが、地下駐車場などで以前はよく使われていました。

マンションの地下駐車場で使われる場合は、作動すると警報がなり、防火シャッターが降りて地下駐車場を密閉します。アナウンスが流れて中にいる人に退避するように促し、一定時間を開けてから二酸化炭素が放出されます。そのためアナウンスに従って避難すれば、今回のような事故を防ぐことは可能なのです。

しかし今回のように何かの作業中に事故が多いのは、誤って消火装置のケーブルを切断してしまったり、間違ってボタンを押してしまった際に、解除ボタンで装置を止めようとボタンを探してギリギリまで中に留まるからだと言われています。

マンションに二酸化炭素消火設備がある場合

マンションによっては、二酸化炭素消火設備が設置してある場合があります。今回の事件があったからといって、危険だというわけではありません。注意するべき点がいくつかあるので、それらを注意しておけば大丈夫でしょう。

・二酸化炭素消火設備が稼働したら、アナウンスに従ってすぐに退避する。
・稼働した後は二酸化炭素濃度が濃いため、換気が終わるまで近づかない。

このことを防災訓練の際に住民に伝えるようにしましょう。駐車場から出てしまえば安全で、延焼を最小限に食い止める消火設備です。また修繕業者には、二酸化炭素消火設備があることを伝えておくようにしましょう。

まとめ

二酸化炭素消火設備には多くのメリットがあり、マンションの駐車場でも使われています。ただ近年は仕様が減っていて、それほど多くは見かけなくなっています。事故が多発していますが、稼働時には警報が出るので、それに従って避難すれば危険はありません。消防訓練などの際に、確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です