テレビが映らない /その時どうする?

マンションで、ある日突然テレビが映らなくなりました。そんな時、どうすればいいでしょうか。しかしその前に、住んでいるマンションのテレビの受信方法を知っておく必要があります。テレビが映らないと焦ってしまうこともありますが、落ち着いて以下の内容をチェックしてください。

テレビの受信方法はさまざま

実はマンションによってテレビの受信方法は異なります。案外知らない人が多いので、この際に自分が住んでいるマンションの受信方法をチェックしておいてください。

共聴アンテナ

地上波をUHFアンテナ、BSやCS放送をパラボラアンテナで受信しています。アンテナは屋上に設置されていて、そこから各住戸に同軸ケーブルで映像が送られています。最も多い受信方式で、大抵のマンションには共聴アンテナが屋上に設置されていると思います。屋上のアンテナは、風により曲がったり倒れたりすることがあります。また天候により電波が届きにくくなることがあります。

パラボラアンテナは1〜3つ設置されています。1つの場合はBSと東経110度CS(スカパー!)の兼用アンテナです。3つの場合は、それに東経128度(パーフェクTV!)と東経124度(スカイA)の2つがついています。どの放送が映らないかで、調べるアンテナが変わります。

ケーブルテレビ

地域のケーブルテレビ会社のケーブルを使って受信する方法です。そのためアンテナを設置する必要はなく、天候に左右されることもなく安定した品質のテレビ視聴が可能になります。ケーブルテレビというと有料チャンネルを思い浮かべるかもしれませんが、NHKや民法などの地上波放送もケーブルテレビを通じて視聴することになります。都心部のマンションで多く採用されています。

光回線

あまり多くはありませんが、光回線を使って地上波放送を受信する方法です。CS放送会社のスカパーが始め、都内のマンションで採用されました。

電波障害対策

ビル影によってテレビが映らない場合、電波障害対策施設からテレビ映像を受信しています。地デジ化によって電波障害がなくなると言われていましたが、完全に電波障害がなくなることはありませんでした。地デジ化の際に多くのマンションがケーブルテレビに変更するなどの対策をとりましたが、今でも電波障害対策施設から受信しているケースがあります。

テレビが映らなくなったらどうするか

他の部屋にもテレビがある場合、他のテレビをつけてみます。リビングルールにあるテレビが映らなくなったら、寝室や子供部屋のテレビをつけてみるのです。他の部屋でテレビが映れば、リビングに置いてあるテレビの故障だと考えられます。もしどの部屋のテレビも映らなければ、マンションのテレビ設備に問題があるのでしょう。

(1) 管理会社に電話する

最も手っ取り早い方法が、管理会社に電話することです。共聴アンテナの場合、調査や修理はテレビ設備業者に依頼する必要があるので、管理会社にお願いするしかありません。自宅のテレビが映らなくなったことを伝えて、業者が来るのを待ちましょう。

電波障害対策施設から受信している場合は、施設が設置してある建物を調査することになります。自分が住むマンション以外に共聴施設があるので、この場合も管理会社に連絡して、調査と修理をお願いしましょう。

(2) ケーブルテレビや光回線の場合

ケーブルテレビや光回線の場合も、管理会社に連絡することになります。しかしケーブルテレビ会社によっては、専用の窓口を用意しているのでそちらに電話するのも手です。連絡を受けた管理会社はケーブルテレビ会社に電話するので、こちらから直接ケーブルテレビ会社に電話する方が早いのです。電話番号はマンションに入居する際にもらった引渡し書類や取扱説明書のファイルの中にあります。

テレビに限らず、緊急時の連絡先はあらかじめまとめてすぐにわかるようにしておくと便利です。

(3) 他の住戸にも聞いてみる

管理会社やケーブルテレビ会社に電話して業者に来てもらう間に、マンション内に知り合いがいたら、他の部屋でもテレビが映らなくなっているか質問してみましょう。テレビ受信設備が原因でテレビが映らなくなった場合、マンション全体で映らなくなっているのか、その階だけが映らなくなっているのか、またその部屋だけが映らなくなっているのかで、故障した場所がある程度限定されます。素早く修理をして欲しいですから、可能な限りの情報を収集しておきましょう。映らなくなった時間帯などもわかると良いですね。しかしこれらの情報収集は無理して行う必要はありません。仲の良い住人がいたら聞いてみる程度でいいと思います。そして収集した情報は、やって来た業者さんに伝えるようにしてください

まとめ

テレビに限らず、管理会社の窓口や電気、ガス、インターネットなどを修理する時の窓口の電話番号は、すぐにわかるように日ごろからまとめておきましょう。そしてテレビは受信方式がさまざまなので、どういう方式か知っていれば、管理会社を経由せずに直接依頼することができる場合もあります。こういった日頃の備えがあれば、慌てることなくトラブルにも対応ができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です